本文へスキップ

腰痛・むち打ち・40肩・スポーツ外傷等での施術は所沢の  すくも堂鍼灸整骨院

すくも堂の筋肉への解釈muscle

『固い筋肉』への解釈


”固い筋肉”は、マッサージで必ず柔らかくなるか?


マッサージをしていて、
『コリ過ぎていて固いから何度も来ないとダメです。』と言われたり、
『ぎっくり腰をして腰の周りの
筋肉がカチカチになる。といっ
経験は有りませんか?
そもそも固い筋肉って全部マッサージで柔らかくなるのか?

すくも堂では、おおまかに3つの分類をします。

@【縮んだ状態の筋肉(収縮タイプ)】

重い荷物を持った後などは、腕の筋肉が疲れて固くなると思
います。
走った後の足の筋肉も同様です。
繰り返しの運動や、強く使われると疲労により

『縮んだ状態になり固まり、触ると固く感じます。』


この状態の筋肉はストレッチやマッサージで伸ばせ・柔らかくなる事は
可能だと思います。

A【引っ張られた状態の筋肉(伸長タイプ)】

ストレッチをし伸ばしている最中の筋肉を触ってみると、固く感じると思います。この状態は
『引っ張られて固い状態』

@の収縮タイプとは真逆の原因で固くなっている状態です。



 









上のイラストの
になろうとすれば体の前側(胸やお腹など)の筋肉が縮み前傾になります。その時、同時に背中の筋肉(背中・肩の後ろ)は引っ張られ伸ばされた状態です。

引っ張られている状態の背中の筋肉の固さ・違和感は、引っ張っている胸・お腹側の縮んだ筋肉に原因が有ります。
猫背の
の姿勢からの姿勢になるなら、の姿勢の体の前側の筋肉が伸びないと、体は起きてきません。
体が起きてくれば、背中側の引っ張られた状態の筋肉も同時に緩むのです。
 
B【力が抜けない状態の筋肉(緊張タイプ)】

手に荷物を持った状態で肘を曲げると”力こぶ”の筋肉は
触ると固くなっていて、荷物を持った状態でそこをマッサー

しても当然、柔らかくはなりません。
『寝違え』や『ぎっくり腰』・『むち打ち』の時も動かすと
痛いので、自然に力が入っていて自然と必要以上に動かせない
状態にしたり、痛みに対して構えている状態で力が抜けないのです。
要するに、筋肉をコルセット様に使っています
その状態の筋肉を無理にマッサージしたりすると余計に痛くなる場合が有ります。


”固い筋肉”にも色々なタイプがあるのが解っていただけたでしょうか?

◎固い筋肉は全て揉めば柔らかくなる。
◎痛いところを揉めば治る。


といった考えに、
『一度、疑問を持ってみて下さい。』

information店舗情報

すくも堂鍼灸整骨院

〒359-0023
埼玉県所沢市東所沢和田2-10-18
リバティー中村1F
TEL.04-2935-7087
FAX.04-2935-7087
→アクセス